ベッドメイキング

ベッドメーキングというのはどういったものかというと、看護師が学生時代にまず最初にと言われるくらいにはじめに習うものである。それほど、看護師にとってベッドメーキングというのは基本的なスキルとして扱われているのである。どうしてベッドメーキングが看護師のスキルの基礎として扱われているのか?それについて以降述べていきたいと思う。

まず最初に患者にとってベッドというのはどういったところだろうか?それは患者にとって一番長く過ごすところなのである。なので、患者にとっては家のような存在なのである。また、患者は治療を目的としては入院している。なので、一番長く過ごすベッドというのは何かというと患者が体力を回復させる場所でもある。つまり患者にとって家のように身近な存在であるベッドについていかにリラックスして過ごしてもらうか?看護学校で最初にベッドメーキングを教えるのはそういった理由からなのである。

その実際のベッドメーキングは看護学校で詳細に教えられるのである。角を三角にしたり、四角にしたりなどその方法が細かく決まっているのである。その細かな工程についての順番を何度も何度も教えるのである。学生の中にはその工程に対してまるでホテルのようであると感想を述べる人もいるらしい。それほど看護師は患者に対して、いかに治療に対して専念してもらうのか?それに注力しているのである。

そして実際にそこで習ったことは数日後に実技試験が行われて、そこで教師たちがベッドメーキングに対して合否をつけるのである。それほど、ベッドメーキングというのは看護師のスキルとして基礎中の基礎として扱われ大事にされているのである。

ただ、最近はこのベッドメーキングに関しての考え方として変化も生まれているのである。実際の病院では以前は必ず看護師がベッドメーキングを行なっていたが、最近はそうとも限らないという。ヘルパーの人たちにやってもらうなどアウトソーシングしているのが、実際のところであるらしい。これはどういうことなのかというと、1つの病院に看護師が不足していることにより、看護師が看護師の役割に特化することになってきたのである。看護師の業務の中で他のものができることは積極的にアウトソーシングする。そうすることによって、看護師不足の中でも効率的に経営することができるようになったのである。なので実際の病院事情と照らしあわせて、実際に看護師として勤務することになった場合、必ずしもベッドメーキングをするというわけではないということは覚えておいても良いことであろう。

看護師転職サイト 人気ランキング
  1位

ナースフル

ナースフルの詳細はコチラ

  ランキング2位

ナース人材バンク

ナース人材バンクの詳細はコチラ

  3位

マイナビ看護師

マイナビ看護師の詳細はコチラ