食事・排泄の介助

食事・排泄の介助は看護師の仕事の中で重要な役割の一つである。人間の身体が弱ることによって、人間の基本的な「食べる」であったり「排泄する」であったりすることが難しくなってくる。それを支えることが看護師の重要な役割の一つなのである。そのそれぞれの重要な役割をみていこう。

まず食事の介助からみていくと、人間の身体機能が衰えるとそしゃく機能も衰えてしまうのである。この患者の食事を介助することは、看護師の重要な役割の一つなのである。実際の介助のポイントとしては、まず最初にトイレを済ましておく必要があるか確認することが大事である。確認が終わったら、実際に介助をするのであるが、ポイントは患者のペースを尊重することである。患者のペースを尊重しないと、焦ったまま食事をすることにもなってしまう。そうすると、患者はむせてしまったり、時には誤えんのリスクもあるので注意が必要である。

誤えんしてしまうと、肺炎になってしまうリスクであったり、時には窒息してしまうリスクもある。つまり生命の危険に関わることであるので、あくまで患者のペースを大事にすることが肝要である。

また食事の介助は患者のペースを尊重するという話をしたが、それに伴い患者の特性も理解する必要がある。たとえば、その人がせっかちであるか、ゆったりしているか。どういった食事を好み、どういった食事を好まないか。そういったことを把握しておく必要がある。また認知症が進んでいる方には、視覚的ジェスチャーに訴えて食事を介助するなど一工夫も大事である。

さて、食事介助が終わったら、お茶などで口の中を潤すなどのケアも必要である。また、入れ歯をしている方であれば、入れ歯を外して口の中を洗うなど、食事の後のことも介助することが大事なポイントなのである。

次に排泄の介助についてもお話ししたいと思う。ほとんどの患者が今まで、普通に自分一人で排泄をしていて、それなのに排泄が出来なくなってしまった。そういった状況なのだと思う。急に排泄の介助をしてもらうことになったので、その精神的なショックというのは、非常に大きい。なので、排泄の介助はその方法として、速やかに正確にということはもちろん大事なのですが、それよりも患者の精神的なケアの方が大事だったりするのである。ポイントとしては、患者の話をよく聞くことと、患者の気持ちに対して共感することを勤めることが必要となってくるのである。

看護師転職サイト 人気ランキング
  1位

ナースフル

ナースフルの詳細はコチラ

  ランキング2位

ナース人材バンク

ナース人材バンクの詳細はコチラ

  3位

マイナビ看護師

マイナビ看護師の詳細はコチラ