脳外科の看護師の仕事内容と求人事情

脳外科とは、脳における疾患を持つ患者さんを対象としています。主な疾患には、脳腫瘍、脳こうそく、頭部の外傷、くも膜下出血、パーキンソン病などがあります。脳は人間の活動に重要な器官ですから、脳外科という科目は非常に重要です。また、脳外科の医療技術はその他の科目に比べて日々目覚ましい進歩をとげています。そのため、常に最新の医療を学ぶことができると言えるでしょう。

脳外科における主な看護師の仕事は、他の科目と同様、バイタルチェック、採血、点滴、医師の診察、診療の補助、食事や排泄の介護です。また、脳外科では意識がなかったり、はっきりしていない患者さんも多いため、清潔ケア、口内ケア、生活補助、各種モニターのチェックなどを行います。モニターでのチェックで患者さんの急変に即時に気付いてあげることで、適切な対応ができるようになりますから、とても重要な仕事です。その他、患者さんと家族の精神的ケアも非常に重要です。脳に疾患を持つ患者さんや家族は不安であることでしょう。その不安を取り除いてあげるサポートをしてあげるのも、脳外科に勤務する看護師の仕事なのです。また、手術の準備や、麻酔補助、機械出し、レントゲンなど医師の指示のもと手術での業務も行います。

脳外科では命に関わる緊急の多いというイメージが強いでしょうが、病気発症前から、手術後、リハビリまでの段階の患者さんが存在します。また、脳外科では同じ疾患を持った方でも、症状やレベルが一人ひとり異なります。マニュアル通りにはいかないので、患者さんの治療方針をしっかり計画立てることが必要です。そのため、一人ひとりにかかる時間も多くなりますし、時間外勤務になることも多いですが、患者さんの回復が看護計画の成果で見えていくときの達成感は、仕事のモチベーションが格段に上がります。また、脳外科のとしての最新の医療知識の他にも、リハビリ患者を担当することで、全身管理や作業療法など脳以外の専門知識を学ぶことができます。将来的にどの分野に転職しても幅広い実務経験を積むことができる科目と言えるでしょう。

脳外科は緊急の患者さんからリハビリまで多数の患者を抱えますから、残業も多い分給与が高いというメリットもあります。看護師としての幅広い知識と経験も積むことができるので、脳外科への転職を希望する場合は、専門のエージェントを利用しましょう。一般的な求人情報では掲載していない病院も見ることができます。

看護師転職サイト 人気ランキング
  1位

ナースフル

ナースフルの詳細はコチラ

  ランキング2位

ナース人材バンク

ナース人材バンクの詳細はコチラ

  3位

マイナビ看護師

マイナビ看護師の詳細はコチラ