問診

問診というのは看護師が担っている業務の一つであるが、その問診の仕事の役割についてはあまり知られていないことが多い。問診というのは、何かというと看護師が(もしくは医師が)患者に対して現在の状況をお聞きする大事な役割の1つなのである。病気や怪我の状況を問診票に書き込みながら現在の状況について確認していく。この確認作業を経てから今後の治療の方向性が決まるのである。

では、その確認作業を全くしないで、治療行為をしたらどうなるであろうか?もしかしたら、当てずっぽうでその人の本当の痛みが分からなくても処置ができるかもしれない。しかし、それは恐らく難しい。よく言われていることであるが、経験を積めば積むほど、勘や思い込みが働くようになり、そのため勘や思い込みに頼りがちになってしまうと言われている。なので、経験を積めば積むほど逆にこの問診の作業が必要になってくるのである。以降、では具体的にその問診でどういったことを気をつけたほうが良いかについて述べていく。

まず問診で重要なことの1つとしては、患者に自由に自分の思ったことを話してもらうということを意識する必要があります。必ずしも患者は自分の思ったことを上手に話せるわけではないのですが、実際に自分の気持を話すことによって、安心するという作用が働くのである。なので、患者が黙ったり言葉が止まったりしたとしても、こちらから話そうとしないで、感謝の言葉を待ってみるということが必要とされる。最初のポイントとしては「患者に自分の気持ちを自由に話してもらう」ということなのである。

次に問診の中で気をつけることとしては「質問の仕方」に気をつけるということである。これは特に患者を誘導して質問をしないよう気をつける必要がある。たとえば「腰が痛くないですか?」この質問というのは時と場合を選ぶのである。どういうことかというと、この質問は時と場合によっては誘導になってしまうからである。「腰が痛くないですか?」という質問はイエスかノーを聞いている質問なので、患者の場合によっては痛くなくても「少し痛いです」と答えてしまう質問であるのである。

この場合には質問としては「腰についてはどう感じられますか?」と質問したほうが良いでしょう。そういった質問のほうが患者としては自分の感じ方を自由に答えることが出来るので、そう質問したほうが良いのである。

以上、問診をする上での注意点についてお話した。しっかりとした治療方針はしっかりとした問診からなので、以上のことを気をつければより良い治療方針が見つかるのではないでしょうか。

看護師転職サイト 人気ランキング
  1位

ナースフル

ナースフルの詳細はコチラ

  ランキング2位

ナース人材バンク

ナース人材バンクの詳細はコチラ

  3位

マイナビ看護師

マイナビ看護師の詳細はコチラ