デイサービスの看護師の仕事内容

デイサービスの看護師の仕事内容についてそれぞれご説明したいと思います。デイサービスの看護師の仕事は何かというと、デイサービスにいる他のスタッフや介護士の方たちと連携して仕事をしていく形になります。基本的に一つのデイサービスにつき、一人が看護師でいることが多いです。なので、デイサービスに関しての医療についての業務は看護師一人が中心になって担っています。これはどういうことかというと、健康面の管理はほぼ看護師が中心で担っているのです。つまりそれだけ責任が重い仕事であるのです。では、その看護師の仕事とは具体的にどういった仕事をしていくのでしょうか。

まず、看護師は入居者に関しての問診を一人ずつしていきます。その際に体調の経過を確認していき、すべての人の健康状態を把握していきます。必要の際にはバイタルチェックもしていく必要があります。ここでバイタルチェックという言葉が出てきましたが、バイタルチェックというのは体温・血圧・脈拍の測定です。このバイタルチェックを行なっていくのもデイサービスの看護師の重要な仕事です。

また入居者の中には決められた薬を服用していく人もいます。その薬の管理の役割は看護師が担っています。誤薬がないように、それぞれの入居者の薬を把握しておくことと、きちんと薬を服用しているか?正しい用法用量を守っているか?を確認することも大切な仕事の一つです。

その他には、先ほど看護師は入居者の健康面を管理しているとお話しましたが、予防にも注意を払う必要があります。感染症の予防については、最新の注意を払う必要があります。もしインフルエンザにかかってしまった入居者がいたら、デイサービス中に感染する可能性があります。ことによっては生命に関わる事態になってしまいます。ですので、感染症の予防なども看護師の重要な役割の一つです。

ここまでは、健康面であったり、医療であったりのことなのですが、看護師は医療以外のこともデイサービスの中で行うこともあります。デイサービス内のレクレーションとして、体操やリハビリを行うときがあります。このレクレーションが行われる際に、事前の準備だったり、実際の運営を手伝ったりすることもあるのです。実際にそういったレクレーションをやることによって、心が元気になって体調も良くなる人も増えているそうです。病は気からと言いますが、まさにそういった部分もあるのだなと感じるようなことが多かったように思えます。

看護師転職サイト 人気ランキング
  1位

ナースフル

ナースフルの詳細はコチラ

  ランキング2位

ナース人材バンク

ナース人材バンクの詳細はコチラ

  3位

マイナビ看護師

マイナビ看護師の詳細はコチラ