仕事を辞めたい場合

看護師の仕事を辞めたい場合その理由については様々かと思います。人間関係が上手く行かなかったとか、仕事が肉体的にキツいとか様々な理由があるかと思います。その様々理由があるのですが、実際に辞める際にはどのような手続きを踏んで辞めれば良いのでしょうか。せっかく(?)辞めるのであれば、立つ鳥跡を濁さずではないのですが、気持よく辞めたいところです。その実際の退職時の手続きや流れについてお話ししたいと思います。

まず、退職するうえでのポイントとしては、あなたが退職をしてもその後の病院の業務が滞りなく出来るか?ということです。要するに「引き継ぎをきちんとしましょう」ということです。もしかしたら、病院の業務が滞って欲しい(笑)ところもあるのかもしれませんが(いやー、◯◯さんがいなくなっちゃうと、上手くやってけないよー。◯◯さんがいたからこそ、うちの病院回ってたんだよねー。談など)そこはきちんと引き継ぎをしておくことが望ましいです。

実際のスケジュールとしては、その引き継ぎのこと含めて考えて最低1ヶ月前には、退職の意思を伝えるようにしましょう。民法上では、2週間前であれば退職が出来ますが、引き継ぎ業務の支障をきたすことが多いので、最低1ヶ月前には退職の意思をお伝えしましょう。また病院としては、次の採用をする場合もあるので、その点を含めて3ヶ月前だと助かるとも言われています。ですので、可能であれば早めにお伝えしましょうというお話しです。またこちらも可能な限りですが、退職時に年末年始や繁忙期などは避けて欲しいというところもあるそうです。

では、その退職の意思としてはどのように伝えるのが良いのでしょうか。ここでのポイントとしてはシンプルに「直属の上司」に退職の意思を伝えるということです。これが直属の上司に伝えないで、直属の上司でない「婦長」などを経由して直属の上司に伝わると「なぜ、私に相談しないのか?」ということで揉める原因になりますので、その点は注意が必要です。

ここでは、大抵の場合引き止めされるのですが(引き止めされないと悲しいですね[苦笑]。ただよくある事例です)その中で退職の理由を聞かれます。人間関係のことや、労働条件のことなどを正直にお伝えすることをオススメします。たとえば労働条件の場合(私が担当の患者が多すぎる。仕事がキツイ)上司が改善することを提案する場合もありますが、その際安易に退職の意思を取り下げるのはオススメしません。上司が改善を約束したとしても実際には改善されないケースもあるので、その点も考慮して仕事を続けるか、やはり退職するかについて検討した方が良いでしょう。

看護師転職サイト 人気ランキング
  1位

ナースフル

ナースフルの詳細はコチラ

  ランキング2位

ナース人材バンク

ナース人材バンクの詳細はコチラ

  3位

マイナビ看護師

マイナビ看護師の詳細はコチラ