救急救命の看護師の仕事内容と求人事情

救急救命で働く看護師の仕事内容を知るために、緊急度合いによって救急の段階があるという事を知っておく事が大事でしょう。日本では、初期から三次に段階がついていて、入院の必要がない外来診療で対応できるレベルから、入院を要して対処の必要な段階の二次、そして、生命の危機にある患者さんを三次救急で対応するとされています。その三次救急がいわゆる救急救命なのです。

救急救命は、24時間患者さんを受け入れることになっているためシフト制で、救急の患者さんが搬送された場合は超過勤務もありえます。救急救命での看護師の主な仕事は、医師の診察、診療の補助・入院患者の清潔ケアや、体位の変換、日常生活の補助、外部から見ての変化などを医師に報告するなどです。救急救命での入院患者は、意識不明であることが多いため、コミュニケーションを取ったりすることもありませんし、治療後に亡くなってしまうなど、患者の命の危機を直視する現場という点が他の病棟とは大きく異なります。救命救命に勤める医師、看護師、スタッフで協力し患者さん一人ひとりの命を救うために日々命と向き合っているので、救うことができた時のやりがいは他の病棟では感じることができません。

その他、救急救命に運ばれてきた患者さんのご家族のケアも看護師の仕事です。急な事で動揺してしまっている家族がほとんどですから、医師の説明も聞ける状態ではないケースが多いのです。そのような場合、患者さんに対する治療の方針や説明を決めるために家族の精神的なケアを行うことが必要となります。

また、救急救命には特定の原因のわからないものや様々な状況の患者さんが運ばれてきます。心肺停止、交通事故、全身火傷など症状に応じて心臓、整形、循環器、内科などその他の科目にも連携や協力を要請するのも看護師の重要な仕事です。そして災害や大きな事故が起きた場合、医師が少ない病院であればトリアージを行うのは看護師です。トリアージとは、最優先治療者から治療待機者、治療が必要ない者、死亡者などをタグ付けすることです。わが身を切る思いである行為ですが、災害時にはトリアージを行うことで、一人でも多く助けることができるので、とても大事な仕事と言えます。

命を身近に感じるやりがいのある仕事として責任感の強い方や、人の役に立ちたい方など人気な職場です。救急救命では幅広い経験や知識を求められるので、一般の求人情報ではあまり見ることができませんから、救急救命に転職を希望の場合は、専門のエージェントを利用して求人情報を探した方が良いでしょう。

看護師転職サイト 人気ランキング
  1位

ナースフル

ナースフルの詳細はコチラ

  ランキング2位

ナース人材バンク

ナース人材バンクの詳細はコチラ

  3位

マイナビ看護師

マイナビ看護師の詳細はコチラ