人間ドックの看護師の仕事内容と求人事情

じっくりと1人の患者と向き合いたいと思って看護師になった人は多いと思います。しかし、実際の現場に出てみると、余りの忙しさに患者と向き合うどころか、患者の対応に苛立ちすら覚えてしまい、そんな自分に嫌気が差してしまった看護師も少なからずいると思います。そうした看護師の皆さん、余りにも慌しい毎日がいやなら、人間ドックに移ってみませんか?

■1人1人と向き合う時間の長い、人間ドック
人間ドックは、医療というよりもサービス業に近いです。医学的な専門知識を土台として、患者にサービスをするようなイメージです。当然、接遇が大事になってきますし、患者のとの対人コミュニケーション能力が問われます。

確かに、一般内科でバリバリとやっている看護師と比べて、ずいぶんとテイストの違った看護師になっていきます。長い間人間ドックで働いていたら、急性期には戻れないかもしれません。しかし、それも人生ではないですか?患者からすれば、急性期の看護師だろうが、人間ドックの看護師だろうが、何の違いもありません。コミュニケーション能力に優れた、接遇を極めた看護師になれば良いのです。

■人間ドックでは患者と触れ合う仕事がいっぱい
実際、人間ドックの仕事は、患者に触れ合う仕事がいっぱいあります。前日にカルテが回ってきて、その患者の予習をします。当日になれば、検査方法や検査順番の説明、胃カメラが苦手な人には詳しい説明を入れたり、質問に答えてあげたりして、患者の不安を解消します。

その後、心電図検査を行なったり、ブスコパンの注射をしたり、胃カメラの補助をしたり、色々と行ないます。その間、患者とコミュニケーションをする機会が多いので、保健師に代わって、簡単な健康指導をするケースも多いです。

一緒にいる時間が長いので、何かあった時に患者が声を掛けるスタッフも看護師です。いやでもコミュニケーションの量は増えるので、後はあなたの腕の見せ所です。

■人間ドックの求人具体例
人間ドックの求人は、いくらでも出回っています。なりたいと思えば、すぐになれるほど募集は出ています。

例えば、
雇用形態:正職員
休日:4週8休、年末年始、指定休、年次特別休暇、有給休暇
給与:25万+諸手当
賞与:2回
退職金制度:3年以上勤務した場合に有
といった求人が、大阪の病院から出ています。この手の求人はいくらでも出回っており、簡単に見つけられます。逆に求人数が多すぎて、何を選んで良いのか分からないくらいに出ているので、ハローワークや転職支援サイトなどを上手に利用して、応募すると迷いが減ります。

人生は色々です。看護師も色々です。あなたなりの看護師像を目指して頑張れば良いのです。接遇に関しては右に出るものがいないというレベルまで看護師を極めれば、それはそれで全国から講演会の依頼が来るくらいの人材になれるのです。ようは気の持ちようです。あなたの好きな、または得意とするコミュニケーションで頂点を目指しましょう。

看護師転職サイト 人気ランキング
  1位

ナースフル

ナースフルの詳細はコチラ

  ランキング2位

ナース人材バンク

ナース人材バンクの詳細はコチラ

  3位

マイナビ看護師

マイナビ看護師の詳細はコチラ