与薬

与薬とは何か。これは聞きなれない人にもご説明をすると、お薬を処方することです。看護師の仕事として、患者に対しての食事の介助があるがその時に必ずと言っていいほどするのが、この与薬である。もちろん、この与薬は薬の投与であるので、投与した薬の誤りなどあってはならないことである。正しい薬を正しい量投与する。いわゆる「医療ミス」が起こらないために病院ごとにどういった対処をしているのでしょうか。それについて以下にお話ししたいと思います。

まず、与薬は病院ごとに与薬するうえでのマニュアルが厳格に定められていることが多いです。その与薬に関しての一般的なマニュアルについてご説明したいと思います。まず、薬は医師が処方して、看護師が投与することが多いのですがこの医師から看護師に受け渡しをする時の指示を明確にすることです。特に注意すべき点として、用量の指示を明確にすることです。1日1錠なのか2錠なのか。その指示を明確にすることが必要とされています。

また薬の名称を正確に伝えることも求められています。特に似た名称の薬(セファメジンとセフメタリゾン)を誤って投与することのないよう、正確に薬名を記入して指示することも必要になってきます。指示されたことに誤りがないか、薬の用法容量についてはまず自分が確認して、その後別の人に再確認をとってもらいダブルチェックしてもらうところが最近では一般的なようです。

ただ、その用法用量がきちんと合っていたとしても、医療ミスが起こってしまう可能性があります。それは「投与される人」を誤ってしまうリスクがあるからです。たとえば実際に起こってしまった例としては大部屋の同じ病室に「鈴木さん」などよくある苗字の方が二人いて、薬の投与を混同してしまったケースです。ですので、この投与される患者に関してもダブルチェック剃る必要があります。

最後にこのように何重にもチェックをしたのだけれど、患者の服用の仕方が誤っているようでは意味がありません。患者が正しい用法で正しい用量を守って服用しているのか?そこもチェックして初めて、与薬したということになるのです。

また薬の副作用については医師より説明がありますが、看護師からも説明をするところが最近は多いようです。それは患者だけでなく、患者のご家族にも説明をすることをしているそうです。そのことによって、患者だけでなく患者のご家族にも安心してもらえるようにしている病院が最近では多いようです。

看護師転職サイト 人気ランキング
  1位

ナースフル

ナースフルの詳細はコチラ

  ランキング2位

ナース人材バンク

ナース人材バンクの詳細はコチラ

  3位

マイナビ看護師

マイナビ看護師の詳細はコチラ