看護師の夜勤の72時間ルールについて

看護師の夜勤の72時間ルールというのを聞いたことがあるでしょうか。これはどういったものなのかというと、看護師の「夜勤の時間を72時間以内に収めてください」というのが看護師の労働時間のルールなのです。これについての詳細をこれからご説明したいと思います。

この看護師の夜勤の72時間ルールといのは何かというと2006年に厚生労働省により取り決められたルールです。看護師の夜勤の労働時間が72時間を超えてしまった場合、その病院としての報酬を下げますというルールなのです。

実はこの取り決めの背景にどういったことがあったかというと、これは日本看護協会の意向であったと言われています。国内の看護師の代表としての「日本看護協会」の意向としては夜勤を減らそうとしていて64時間以内に収めたいと言われています。なので、実際に看護協会の意向を組んだ形で夜勤の72時間ルールの取り決めがあったのですが、実際はより夜勤を減らそうとしていたのでした。

看護師の代表としての意向が夜勤を減らそうという取り組みだったのですが、実際の看護師の方たちはどう思っているのでしょうか。この夜勤の72時間ルールというのは、看護師にとって体調管理面ではポジティブな意見が出ています。一方、給料の面ではネガティブな意見が出ています。というのは、看護師の給料というのは夜勤のほうが給料良いので(夜勤の手当)給料が下がると言われています。なので、看護師の中でもこの夜勤の72時間ルールは賛成と思っている人も反対と思っている人も意見が分かれていると言われています。

またこれは看護師の意見の話ですが、病院としての意見はどのように思われているのでしょうか。まず現在の病院の問題としては看護師不足があります。ですので、一人の看護師が診なければいけない患者の数が非常に多くなってしまっているのが現状と言えるのです。その中で夜勤の72時間ルールを適用するとどういったことが起こるでしょうか。そうすると、一人一人の看護師が月に勤務する夜勤の時間を少なくする必要がございます。そうすると看護師のシフトに関して、大病院の場合には看護師の数が豊富なので、ある程度調整をしてシフトを組むことが出来ます。ただ、大きくない病院だとシフトの調整が難しくなってしまうのです。大きくない病院はどういったことになるかというと、一つに報酬が少なくなってしまうのも仕方がなく看護師に72時間以上夜勤にて働いてもらう必要があります。もしくは一方として、仮に看護師の夜勤が72時間以内というシフトが可能だったとしても、夜勤の勤務においては一人で相当な数の患者を診なければならないということも起こりうるのです。更なる看護師不足になる状況も考えられる状況であるのです。

看護師転職サイト 人気ランキング
  1位

ナースフル

ナースフルの詳細はコチラ

  ランキング2位

ナース人材バンク

ナース人材バンクの詳細はコチラ

  3位

マイナビ看護師

マイナビ看護師の詳細はコチラ