精神科の看護師の仕事内容

精神科の看護師の仕事内容としては、どういった仕事をイメージされるでしょうか。精神科というと一般の病棟とは違って、何か特殊な病院であるのだろうかと思われる人もいらっしゃるかもしれません。しかし、精神科と一般の病棟との差はほとんどありません。どちらも(肉体的・精神的に)病いを抱えた人を治療していくということには変わりはありません。ただ、やはり精神科ということでの特徴というのもあるので、それについてもご案内したい思います。

まず精神科は薬の処方が他の科よりも多くなる傾向があります。それにともなって看護師の仕事ととしては、注射の機会が多くなります。なので、精神科で働く前は注射が苦手という人も、しばらく精神科で働けば大の得意になったという話もよくお聞きします。

また精神科の看護師は患者とのコミュニケーションが非常に重要になってきます。確かに、どの科においてもコミュニケーションは大事なのですが、精神科は特にコミュニケーションが大事になってきます。というのは、精神科の患者は、自分の気持ちを話してもらう必要があります。そのためには患者との信頼関係を築いておかなければいけません。そのために、医師だけではなく看護師も患者とコミュニケーションを取りながら、少しずつ信頼関係を築く必要があるのです。

また、精神科の仕事の特徴としては、患者が退院することは非常に嬉しいが、同時に再入院も多いということがあります。ですので、退院してもまたこの病院にやってくるということもあるので、治ったと思ったらまだだったということで非常に出やすい職業であるのです。また、今のは再入院の話ですが患者の方の中には、退院した後に訪ねてきて感謝の意を看護師に伝える人もいるので、非常に感謝される仕事とも言えます。

またある程度、看護師の方の精神的タフさが試される仕事とも言えます。患者の中には、看護師に対して不条理なことを言ったり、行ったりする方もいらっしゃいます。その行為に対して、その人自身の性格ではなく、心の病気がそういった不条理なことを言わせている。そういった風にある種開き直る事ができるか?ということも試されのです。

今後の日本の現状を考えれば、心の病で治療をする人は今後より増えていくかと思います。社会的ニーズとして、ストレス社会の日本において、精神的な癒しや症状に対しての治療が必要になってきます。ですので、精神科のニーズとしては今後より増えていくのではないでしょうか。

看護師転職サイト 人気ランキング
  1位

ナースフル

ナースフルの詳細はコチラ

  ランキング2位

ナース人材バンク

ナース人材バンクの詳細はコチラ

  3位

マイナビ看護師

マイナビ看護師の詳細はコチラ