看護師の有給

看護師の世界にも有給休暇というシステムがあります。有給休暇とは何か、今さら説明する必要もないですが、念のため岩波書店『広辞苑』を調べてみると、

ゆうきゅうきゅうか【有給休暇】休み中も給料の支給される休暇

と書かれています。休んでも給料が通常通りに支払われる休みを言います。この有給休暇をとりづらいという声が全国の看護師から上がっていますが、あなたの職場ではどうですか?有給休暇を上手にとる方法はないのでしょうか?

■有給休暇は、法律の問題でなく、感情の問題
大前提として覚えておきたい点があります。有給休暇の問題は、法律の問題ではなく感情の問題です。いくら法律的に有給休暇を使う権利があると言っても、現実の会社組織で取りづらい空気があるのなら、法律問題を持ち出しても意味がありません。

例えば法律に訴え出て、病院から有給休暇を勝ち取ったとします。そこまでして有給休暇を勝ち取った所で、後に何が残りますか?復帰後、非常に働き辛くなりますし、人間関係もメチャクチャになっている可能性が高いです。

仮に仕事を辞める直前に無理やり有給休暇を勝ち取ったとしても、あなたの悪評は、あなたが去った病院で尾ひれがついて、色々な場所に宣伝されてしまいます。同じ都道府県の医療施設で働く際には、悪評が転職先にまで届いてしまうかもしれません。結果として、有給休暇を法的手段で取得した後で、最後は自分が何らかの形で負けてしまうのです。法的手段に訴える手間も、面倒です。

■有給休暇を取得するなら、まず同僚にこっそりと相談をしてみよう
有給休暇を手に入れるには、上司や同僚の感情的な問題をクリアしなければいけません。有給休暇を取れば、その日は誰かがピンチヒッターで仕事をしなければいけません。そのピンチヒッターはたいてい同僚です。まずは同僚が内心では有給休暇にどのような感情を抱いているのか、探りを入れなければいけません。同僚は敵に回すべきではありません。有給休暇の取得に対して、本音ではどういった感情を持っているのか、探って下さい。

ついで、直属の上司です。プリセプターがついているなら、プリセプターのような存在に探りを入れて下さい。師長まで一気に飛んではいけません。プリセプターの先輩の口から、有給休暇に対するイメージを聞き出しておくのです。仮にネガティブな答えが返ってきても、どのような条件なら一般的に許されるのか、どのような前例があるのかを、聞き出して下さい。

そういった下調べを終えた上で、アクションを起こしましょう。嘘はいけませんが、有給休暇を実際に申し出る際は、もっともらしい理由を脚色して、直属の上司から師長の耳に入れてもらいましょう。その方があなたも楽でしょうし、師長もワンクッションある分、有給休暇の申し出を冷静に受け止められます。

いきなり事務や師長に申し出るのではなく、まずは同僚から、根回しを始めて下さい。逆に誰かから根回しを受けたら、積極的に協力しましょう。その方が、自分の番で助けてもらえます。

看護師転職サイト 人気ランキング
  1位

ナースフル

ナースフルの詳細はコチラ

  ランキング2位

ナース人材バンク

ナース人材バンクの詳細はコチラ

  3位

マイナビ看護師

マイナビ看護師の詳細はコチラ