看護師の向き不向き

看護師の向き不向きとはどういったことを言うのでしょうか。様々な仕事には向き不向きというのがありますが、看護師の仕事の向き不向きとはどういったものがあるのでしょうか。

まず看護師の仕事に向いているひととして「やる気がある人」になります。やる気がある人ということをここで看護師の仕事に向いている人としてお話しすると、人によっては「何を当たり前のこと」をとおっしゃる人もいます。しかし、この「やる気がある」というのは非常に重要なことなのです。

たとえば、物事には両局面があるということはご存知でしょうか。一見、マイナスに見えることも見方を変えればプラス面に見えるということです。例えば「暗い」というマイナス面に一見見えがちなキャラクターも見方を変えればプラス面に見えることが出来るのです。「暗い」は「物静か、落ち着いている」であったり「冷静」であったりとプラス面に見ることもできるのです。

この考え方を看護師の仕事に向いている人、向いていない人について応用して考えてみましょう。そうすると、看護師に対して一見向いていないと思われるキャラクターも、向いているキャラクターに感じるのではないでしょうか。例えば「メンタルが弱い」というキャラクターも見方を変えれば「気持ちが繊細なので、他人の気持ちに対しても繊細でよく気がつく」という捉え方も出来るのです。

このように考えると、看護師の仕事に対して絶対的に向いている人、また絶対的に向いていない人というのは存在しないように思えます。そこで最初の話に戻るのですが、ここで「やる気がある人」という話に戻るのです。この「やる気がある人」というのは何かというと看護師の仕事に絶対的に向いている人です。また逆に「やる気がない人」というのは絶対的に看護師に向いていない人です。これはいったいどういったことなのでしょうか。

さきほど物事には両局面があると話しましたが「やる気がない」というマイナス面についてはプラス面は存在するのでしょうか。この「やる気がない」というマイナス面に限って、このキャラクターをプラス面に捉えることは難しいのではないでしょうか。逆にこの「やる気がある」というプラス面はどうやってもマイナス面に捉えるということは難しいのではないでしょうか。そう考えると看護師の仕事として向いている人、向いていない人というのは根本的に「やる気」があるかないかということと言えるのです。

看護師転職サイト 人気ランキング
  1位

ナースフル

ナースフルの詳細はコチラ

  ランキング2位

ナース人材バンク

ナース人材バンクの詳細はコチラ

  3位

マイナビ看護師

マイナビ看護師の詳細はコチラ