看護師の労働時間

看護師の労働時間について知っておくことはこれから看護師になろうとしている人には重要な情報であるかと思います。仕事としてどれだけの時間を働くということを知っておくことは、これから看護師になろうとしている人には有益な情報であるかと思われます。

まず基本的な看護師の勤怠の仕組みについてお話しすると、ほとんどの病院では3交代制か2交代制を用いているところが多いと言われています。3交代制は日勤・準夜勤・夜勤、2交代制は日勤・夜勤という仕組みになっています。なので、夜勤がない病院ももちろんありますが、看護師の仕事としてはほとんどが夜勤を経験するような仕組みになっているのです。

この夜勤についてですが、国の方針としては夜勤を3日以上続けていはいけないというルールがあるので、夜勤を何日も続けるということはないのです(また夜勤は月に8日以内までと言われています)。勤務時間としては日勤としては8時に出社して16時に帰るような(看護師は朝が早い傾向があります)一般的な勤務時間であるところが多いと言われています。

ただ、看護師の労働時間として気をつけなければいけないこととして、残業が多いところも実際にはあるようです。これには理由があって、最近の看護師は報告義務が非常に増えたということが一つの原因と言われています。最近は医療ミスの関係で報告義務が看護師の方は非常に増えました。なので、この書類作成の時間として、残業時にこの業務を行う場合もあるそうです。

またもうひとつの側面としては、看護師の新人は残業が増えるという傾向あります。新人の看護師は覚えることが非常に多いので、そのために残業時に仕事を自主的に覚える時間が用いられることもあります。

また看護師の労働時間として、当直の場合だとまた少し違っています。当直の労働時間は病院によって違いますが、労働時間のイメージとしては、およそ夕方から翌朝までとなっています。またその当直の場合は、仮眠をとっても良いと言われています。ただ仮眠をとっていたとしても、急患が入った場合には起こされることもあるので、必ずしもいつでも仮眠が取れるというわけではないのです。なので、体調面に気をつけていないと、看護師という医療に携わる人が体調を崩すということもありうるので、その点は注意が必要なのです。体調を崩さないようにするポイントとしては、休める時に休んでおくというのがポイントになってくると言われています。

看護師転職サイト 人気ランキング
  1位

ナースフル

ナースフルの詳細はコチラ

  ランキング2位

ナース人材バンク

ナース人材バンクの詳細はコチラ

  3位

マイナビ看護師

マイナビ看護師の詳細はコチラ