治験で働く看護師の仕事内容

治験とは、新薬開発のための試験を行う機関のことです。厚生労働省から承認を受ける前の薬を、患者に投与し効果、投与方法、投与量や副作用の有無、程度、症状、発生条件などの安全性を確認することが目的です。世界的に新薬の開発は発展しており、今後将来的にもまだまだ拡大していくと予想されています。ですから、将来の安定性も確保された職場と言えるでしょう。

治験で働く看護師の仕事は、治験コーディネーター業務と治験モニター業務があります。治験コーディネーター業務は、医療機関での新薬投与における効果等の業務全般のサポートとして、治験を行う医師の指示のもと準備や実施、被験者となる患者さんへの対応やケア、症例の報告書作成と、医師の判断を受けなくてもいい治験に関連する事務作業、治験を行うチームの調整などが仕事です。治験モニター業務は、治験が法律やチームの計画に基づいて行われているのか、参加している医療機関や担当医師に接見し、治験の計画書に対しての説明を行います。その他、データや報告書が信頼性のあるものなのかなど、データ等の進歩状況や報告書の依頼、回収までを行い、治験を監視、審査するのが仕事です。治験コーディネーターと治験モニター業務を同時に行うことはありませんので、どちらかの業務に付くことになります。

どちらの業務を選択したとしても治験で働くメリットは、平日勤務で夜勤がないということです。土日祝日休みの企業が多く、時間帯も一般の企業のような9〜18時勤務のため時間の余裕が持てる職場と言えるでしょう。また、経験や知識を積み、試験に合格したりすることで、キャリアアップすることができます。管理職などになれば、給与や待遇も大幅にアップすることができるので上昇志向のある方にはとても魅力的な職場です。

治験コーディネーターでは、細かい仕事が多いので、粘り強く仕事に打ち込める方、パソコンや事務作業が好きな方、薬事法の勉強が好きな方などが適しているでしょう。また、治験モニターは、コミュケーションを取るのが好きな方、正確性のある仕事を好む方、出張が苦でない方などが向いています。

一般病棟勤務の看護師とは仕事内容が全く異なりますので、治験の仕事に興味をお持ちであれば、まずは専門のエージェントを利用してみてください。専門サイトでは多数の求人情報が掲載されていますので、各企業の仕事内容、給与、労働条件を詳しく見ることができますし、イメージを持ちやすくなるはずです。自分に合った職場探しの役に立つでしょう。

看護師転職サイト 人気ランキング
  1位

ナースフル

ナースフルの詳細はコチラ

  ランキング2位

ナース人材バンク

ナース人材バンクの詳細はコチラ

  3位

マイナビ看護師

マイナビ看護師の詳細はコチラ