児童養護施設で働く看護師の仕事内容

児童養護施設とは、保護者のいない児童や、虐待を受けて保護されている児童を対象とし、施設で養護することと退所後の自立や援助を行うことを目的としています。基本的には1歳から18歳までの子どもが入所しており、自立の状況によっては成人しても延長可能です。実際に入所している児童のうち、80%以上は親がいる児童で、母子家庭や経済的に養育できなくなってしまったなどの理由で、施設に入所するケースが多いようです。

児童養護施設で働く看護師の主な仕事内容は、入所している児童の病気や怪我の対処、応急処置、近隣病院への引継ぎや報告がありますし、事故やケガ、病気を未然に防ぐための健康管理や指導、具体的には健康習慣の掲示物を作成したり、健康知識を深める場を設けたりします。また、小さい児童の保育を施設のスタッフを一緒に行ったり、施設の活動も行います。看護師としての仕事内容の他に施設の職員としての雑務も行う点で、一般の病院勤めの看護師と若干異なるのです。

児童養護施設で働くメリットは、施設のほとんどが看護師は日勤の勤務となっている点です。急な呼び出しも少ない職場なので、ある程度時間の確保はできると言えます。また、給与面でも一般の病院とさほどかわりないので、転職しても大きな変化はないでしょう。その他、児童と関わる職場なので、児童福祉施設に勤める看護師の多くが保育士の資格を取りたいという気持ちになることが多いです。保育士の勉強もできるため、将来的にも幅広い知識を得ることができる職場です。

子どもが好きな方には、24時間一緒に生活を共にする子どもたちの成長を身近で見ているので、やりがいを深く感じることができるため、向いています。入所している児童にとっては、生活の場であり、勉強する場であり、帰ってくる場であるために施設スタッフも児童も全員が家族のように思うことができるでしょう。その他、施設に配置される看護師は一人、もしくは二人である場合が多いので、看護師しかできない職務に対しての責任感はとても強いです。子どもの面倒を見たり、コミュニケーションを取ること、やりがいを深く感じたい方には非常に向いている職場と言えるでしょう。

児童養護施設での仕事をしたいとか、興味があるなら専門のエージェントを見てみましょう。専門のサイトでは情報数が多いので様々な情報を見ることができます。詳しい仕事内容や労働条件を自分で確認することができますから、転職のイメージを持ちやすくなります。専門のサイトをうまく活用し自分に合った職場を見つけてください。

看護師転職サイト 人気ランキング
  1位

ナースフル

ナースフルの詳細はコチラ

  ランキング2位

ナース人材バンク

ナース人材バンクの詳細はコチラ

  3位

マイナビ看護師

マイナビ看護師の詳細はコチラ